古平町

セタカムイ岩

主人を想う犬の伝説、犬の神の名

古平町と余市町の境に位置する豊浜トンネルの入口付近にある高さ80mの巨大な奇岩で、そのセタカムイという名前は「犬の神」という意味のアイヌ語からきています。海に遠吠えするような形でせり出しています。


住所 北海道古平郡古平町大字沖町11番地